社内SEに転職したい!そんなあなたへ

SEはITに携わる業務、具体的にはシステム開発やネットワーク部門の運用・構築・導入といった業務を行う、やりがいのある仕事です。しかし、業務が終わると次の会社に移ってしまう客先常駐だと、行く会社毎に業務の進め方を変える必要があったり、自分が行った仕事の功績や評価を知ることが難しかったりしてしまいます。

そのため、20代のSEの中には、業務内容は好きだけれど、もう疲れてしまった…会社の都合で振り回されているように感じてしまう時がある、といったさまざまなSEならではの悩みを抱える人が少なくないのです。仕事を通じて自分をより成長させたり、自らが持っているスキルや能力をもっと生かせる環境で働くためにどうすればいいのだろうか…。そう考える人々がたどり着く答えのうちの1つが社内SEなのです。

[社内seになりたい人必見]転職を成功させる方法と求人情報

自社システムの保守管理を業務とする社内SE。都度働く場所が変わるわけではなく、毎日同じ職場に勤務するため、精神的に楽…。年収も客先常駐より良いと聞くことが多い…。一見すると社内SEにはメリットしか感じませんよね。しかし、本当に今よりも楽になるのだろうか?そもそも今の自分のスキルで転職できる会社、企業はあるのだろうか?社内SEの業務内容は実際どういったものなのか?転職に失敗したくないのは皆同じですから、そういった疑問は尽きませんよね。同時に今のままでは嫌だという気持ちも強く持っているかと思います。

あなたのように転職を望み、成功させている人は数多くいます。そういった人達が転職を成功させた方法を知りたいですよね?本サイトでは、そんなあなたを手助けできるよう、社内SEの詳しい業務内容から、社内SEとして働いている多くの人のインタビュー、会社や企業で働くさまざまな立場の人から社内SEに対する評判、そして社内SEに転職するための情報やアドバイスなど、社内SEへの転職のために大切だと思われる情報をたくさん掲載しています。社内SEになるため、必要なことを学んでいきましょう!

転職者が語る!社内SEの本音

ここからはさらに本音に迫ったインタビューをお届けします。

正直SEって楽なんでしょうか?

ん~…一概には言えませんが、自分には向いていると感じています。 自分はギラギラしたタイプ、つまりスキルアップのためにどんどん難しいシステムを開発したいという人間ではないんです。ですから会社に和気あいあいとした雰囲気があることは、精神的にかなり楽です。私の職場はそれほど大きくなく、上場もしていません。それが理由かはわかりませんが、まるでみんな仲良く!と社内規定に書いてあるみたいに(笑)、同僚や従業員全員の顔が見えて仲良く働ける、とてもアットホームな会社だと感じます。やっぱり、考えてみると楽に思えてきますね!

社内SEとしてのやりがいは?

やっぱり、頼られることの喜びですかね。PC関連で困ったことがあると全て私に相談が来るのですが、その困りごとにアドバイスしたり、解決したりすると「ありがとう」と言ってもらえるんです。この言葉はすごく嬉しいですし、社員、ひいては会社の役に立っていると充足感がもてますね。

社内SEは大変だと感じる時は?

頼られることは嬉しいのですが、時には頼られ過ぎることが大変だと感じます。 PC関連でこまったらとりあえず相談!という感じで、まぁ当たり前なのですが、知識やスキルがない人が何回も相談に来たり、何度も呼ばれたりしたときは、「パソコン教室の先生じゃないんだから!」と思っていました(笑)また、PCを1日で10台入れ替える作業をした時は、かなりつらかったです…。

社内SEへの転職、「よかった」と思いますか?

はい!そう思っています。客先常駐の時はシステムを作っておしまいという感じでしたが、今は自分の業務がどうなっているか分かり、改善することができるのは大きいですね。 それに納期に追われず、残業がないこともありがたいですし、また同じことを言うのですが、一番のやりがいは、自らの業務が頼られて感謝されるものだということです。

社内SE転職者にいろいろ聞いてみました!

ここからは、社内SEとして転職し、現在活躍している方のインタビューをご紹介していきます。あなたが社内SEへの転職について気になっていた疑問が解決するチャンスなので、しっかりと目を通してみてください。

今回話を聞いたのは、システム及びインフラエンジニアから社内SEに転職し、大阪で勤務している山之上 大輔さん(30歳)です。
社内SEへの転職、志望動機は?

SEの仕事は好きだったのですが、客先常駐にかなり疲れてしまって…。安定を求めて社内SEを目指しました。

それまでの主な業務はパッケージソフトの開発で、自分で計画や戦略を練ったり、裁量を与えられることはなく、ただ指示された作業をこなすことばかりで疲れてしまったんです。それに客先常駐だと、まるで転勤するように新しい会社に行く気疲れも大きかったですし、客先での案件がなくなってしまった時の自分の立場を考えて、不安に襲われていました。一体自分はどの会社の社員なのか?なんて考えてしまうこともしばしばでした。ですから、会社に常にいて業務を行えることはとても安心です。あと、以前は給与面でも不安があったのですが、今では月給もアップ。いい感じです。

現在社内SEとしておこなっている業務はなんですか?

そうですね。私が勤める通販会社で、社内のアプリケーション、データ、セキュリティなどのシステム保守や、PC関連のサポート全般、またPCの不具合が起きた際の対応が主です。あまり機会は多くないですが、インターネットのページ作成を依頼されることもあります。

システム保守に関して少し詳しく言うと、通販に関する受注・発注の自社システムの保守をおこなっていて、担当する社員がより効率的に業務をおこなえるようにするため、機能を追加するなど日々改善しています。

もっと知りたい!社内SEの業務内容

社内SEには他にも大切な業務がありますので、紹介していきます。
それは、「自社システムの保守管理」です。その企業で導入していたり、独自に開発しているソフトウェアやシステムについて、その保守管理を行うのも社内SEの業務です。また企業によっては現場の業務、具体的には事業所のサーバや電子、または売り上げ、生産システムの基盤の監視や制御やといったものも業務に含まれてきます。

顧客管理のシステムや製造・販売・営業のシステムを使っている場合を例にとると、システムの不具合がある度にそれに対応したり、社員から「システムにこんな機能が追加されたら、もっと業務を効率的に進められるのだけど…」といったような意見があれば、その意見をもとに、どうすればその意見をシステムに組み込めるかを考え、分析を重ね、システムの改善へと繋げていきます。
その改善の度合いによっては、マネージャーや経営部門とのミーティングやコンサルティングが必要となります。さらに改善ではどうにもならない場合には、システムを全く新しいものにしたり、根幹からに見直しが必要になってしまった時には新システムを開発する流れになることも。

そうなると、やるべきことは多岐に渡ってきます。他のプロジェクトメンバーやプログラマーと開発を進める言語(java、php、c#など)の選定などをミーティングしたり、仕様書の作成、運営の方法、開発を進める中で外部に委託する必要がある部分が出てきたら、ある程度の時間をかけて業務委託先の企業を探さなければなりません。

また、所属する企業が大手になってくると、業務の幅は広がっていきます。IT関連のスペシャリストとして情報システム部門などある程度の規模の組織や部署と関わったり、本社と支社との連携を担うこともあります。
これまで一般的な業務について挙げてみましたが、社内SEが求められるものは都度変わりますので、臨機応変な対応が求められます。自分の持っているスキルをフル活用して働きましょう!

社内SEの業務内容って?

詳細な業務内容に関しては在籍する会社によって違ってきますが、ここでは主な業務内容について、何項目かに分けて説明していきます。自分の持つスキルや能力を活かせる部分を探しながら、より良い環境で社内SEとして働きたいですね!

まず、社内SEと聞いてイメージしやすい業務、「ヘルプデスクとしての役割」です。パソコンやその周辺機器に関するトラブルの相談窓口のようなものです。オフィス内で社員から寄せられる、無線LANの接続が急に悪くなった…パソコンの電源が急に落ちてしまったので見て欲しい…といったパソコンに関わる多種多様な問題や疑問を、自らのスキルで解決していく業務です。1分で解決できるような簡単なものから、調べながら対応せざるを得ない時間と手間のかかるようなものまで、幅広く対応することが求められますね。

次に、「新しく導入する機器などの資産管理」です。社内のパソコンやプリンターなどの周辺機器を新しく買い替える際、IT関係のプロとして、効率的に業務をこなすのに最適な機種・スペックを考えて調査を行います。その後の購入から設置、初期設定、不定期に起こり得る席の移動による機器の移動に付随する再設置、OSのアップデートにも対応します。社内で使用するパソコンの台数によっては、作業の量がかなり膨大になることもままあるようです。また、持っている知識を生かして、社内のITやWebサービスに関する社内教育や研修に講師として携わる場面も見られます。
キャリアを積んだ社内SEになると、新商品の開発や自社の新たなシステム開発の中心になって業務を行うこともあります。大きなプロジェクトになるにつれ、外注のプログラマーに依頼する必要がありますが、その外場合は外注業者のマネジメントや、調整役として大きな役割を担うこともあり得ます。

また、最近増えているのが中国などの海外展開や、外国企業との繋がりに重きを置いたクライアントから、個別システム開発を依頼されること。外国語が得意であれば、そのような時に活躍できそうですね。